【育乳ブラの効果を知ろう】寝ているときにバストを守るナイトブラの効果・役割

盛りブラ ナイトブラ 市販

日中使っている通常のブラジャーは、多くの女性の背中のブラヒモ部分が背肉などに食い込み、せっかくの胸あたりのお肉をボコボコにして背中に押しやっています。それを、そのままにしないで就寝時に育乳ブラやナイトブラを使って胸に戻してあげるのです。コレは育乳ブラの効果です。

一言でいうと「胸を守り、胸にとっていい状態を寝ている時にキープする」ということが育乳ブラやナイトブラの1番の効果と役割になっております。

まずは、就寝時のノーブラ習慣に気を付けよう

女性の皆様、「NGブラ習慣ってご存知でしょうか?」

締め付けがイヤだから、ノーブラで寝ている方が多いんです。

でも、バストはとても繊細なため、支えが無い状態で寝ていと仰向けの場合は重力の影響で四方八方に広がってしまい、横向きの時は両バストが同一方向に垂れ下がる状態になってしまいます。とくにうつむせ寝は、圧力がかかりバストがペチャンコになります。

つまり就寝時に、かかる重力や圧力が、支えの無い状態のバストを崩してしまっているのです。

昼用ブラ、就寝時はNGかも

昼用ブラで寝ている貴女は、どうでしょうか?昼用ブラは、下向きにかかっている重力でクーパー靭帯の伸びを防ぐことに特化しています。その為、あらゆる方向に重力が掛かる就寝時には対応できません!

胸には骨や筋肉が無いので、元の位置にちゃんと戻すには、しっかりしたクーパー靭帯のおかげなんです。

ただ、このクーパー靭帯は弱点があって、バストを綺麗に保つクーパー靭帯は、重力や圧力で1度伸びたり切れたりしたら2度と元に戻らないんです。これが、いわゆる「タレてしまう」「ハリがなくなる」「萎んでしまう」原因になってしまうんです。

貴女のバストは、こういった就寝時NGでお肉が逃げてしまっているから小さいのかも…

育乳ブラは、痩せ型でも脇や背中のお肉を胸へと導きバストを整える役目もあるのです。大きくないから、ナイトブラや育乳ブラを使わないとお肉は重力に負けて逃げていくばかり。

寝ているときこそ、逃げたお肉をバストへ導き綺麗に整える必要があるのです。

育乳+脂肪を付けるナイトブラ研究会が選ぶナイトブラ7選

タイトルとURLをコピーしました