友達に聞けないバストの疑問、悩みランキングトップ10!30過ぎたらバストアップって無理?

意外と知らない、バストの秘密

友達に聞くわけにもいかないバストの疑問ベスト10

  • 誰もが気になる
  • 素朴な疑問

をピックアップしました。

バストの疑問1:30歳過ぎてからバストアップってやっぱり無理ですか?

血流アップ&老廃物排出で良質な脂肪を維持することができます

おっぱいの形は、ケア次第で確実に変わります。

脂肪は、血液循環の良いところに集まるという性質がありますので、エクササイズで血流をアップさせ、老廃物をきちんと流すことで、良質な脂肪を維持できます。

人間には、再生能力があります。

クーパー靭帯が損傷していなければ、ハリのないバストをふっくらさせることもできます。

バストの疑問2:バストの大小によって、変化に違いはでるの?

大きい人は、揺れや重力の抵抗を受けやすいです。
ただし、小さくても変化は出ます。

脂肪の多い大きなバストは、小さいバストに比べて、垂れやすい!?

って聞いたことありませんか?

これってホント?

と思ったと思います。
イメージでいくと垂れやすそうですよね。

バストの大きさは、乳腺や脂肪の量で決まりますが、大半が遺伝と言われています。

バストの大きい方は、どうしても重力や揺れに対してもろに影響を受けます。

小さい方よりも、変化が起こりやすいです。

これを防ぐために、ワイヤー入りのブラジャーでしっかりホールドしましょう。

ただし、バストが小さいからといって、変化が起きないわけではありません。

正直、小さいバストで、変化が起こったときは、本人は、衝撃です・・・

バストの疑問3:バストが小さいので、下着のフィッティングって必要ないですよね?

小さくてもバストの採寸は、マスト!
小さい人って思い込みも激しいので、意外とサイズを間違えている可能性大

バストがどんな大きさであれ、カラダのエイジング変化を防ぐためには、下着のフィッティングは、必須です。

ワコールの調査では、女性の約7割が、サイズが合っていないブラを着用しています。

採寸してみると、実は、自分が思っていたサイズより大きいこともよくあります。

ネット通販で購入する人が増えていますが、1年に1回は、店舗で、採寸とフィッティングをしてもらいましょう。

バストの疑問4:太っている人が急激に痩せると、胸だけ残る?

バストから減ることがあります。
そこだけ遺すのは、至難の業・・・

個人差はもちろんありますが、胸は、脂肪のかたまりです。

痩せると、当然減ります。

胸だけ残すのは、難しいです。

若い時は、脂肪と乳腺の割合を比べると、脂肪が少ないので、若い時は、胸が残りやすいかもしれません。

でも、30代、40代になると、あっという間です。

むしろ、太る前の方が大きかった、という人もいるぐらいです。

バストだけに脂肪をつける、というのも難しいです。

バストの疑問5:バストの形をキープするには、ナイトブラも必須?

今、一番売れていますね。
形をキープする、睡眠時の不快感を減らすためにもおすすめ。

夜用のブラジャーは、今大人気で、どんどん新商品が出ています。

胸の大きい人は、寝るとき、寝返りをうつのが大変なので、それを防止したり、形を崩れないようにキープする役割があります。

普通に寝ていると、左右に流れます。

1日8時間寝ているとすると、意外とチリツモで結構な時間、バストが流れり、横向いて垂れた状態になります。

これを防止するためにもナイトブラは、今人気です。

バストの疑問6:バストの大小は、女性ホルモンの量と関係がある?

大きさとホルモン量の関係はありません。
正常に分泌されていると、質のいいバストです

女性ホルモンの量は、一生でスプーン1杯と決まっています。

そのため、ホルモンの量ではなく、正常に分泌されているか、流れているか、が重要です。

ホルモンは、血液と同時に流れるため、体液が滞っているとホルモンの分泌が減少します。

きちんと、ホルモンが分泌されていれば、その人の体型にあった、柔らかくて弾力のあるバストになります。

また、ホルモンの分泌量が多いからといって、大きなバストになるとは限りません。

バストの疑問7:生まれつきのハト胸、改善ってできるの?

骨格が原因なので、改善するのは、正直難しいです
下着でバストラインを整えることはできます

デコルテラインが盛り上がったハト胸は、太って見えるので気にしている人が結構います。

ハト胸は、骨格によるものなので、運動やお手入れなどで改善するのはなかなか難しいです。

でも、ハト胸の方は、とてもグラマーなスタイル。

ブラジャーが似合う、周りからは羨ましい体型です。

形が気になるのであれば、ブラジャーで整えましょう。

ただ、ワイヤーが食い込みにやすいので、フルカップのブラジャーがオススメです。

バストの疑問8:バストにおすすめの食べ物って!?

カラダを温める食べ物を摂り高脂肪の食事を控えましょう

毎日の食事も、バストのエイジングを左右します。

乳腺を発達させる、カラダを温める食べ物を摂りましょう。

特にご飯などの穀物、汁物、海藻、乾物などをバランスよく。

逆に乳管をつまらせる原因になる、

  • 乳製品
  • 白砂糖
  • 脂肪

の多い食事は、控えましょう。

バストの疑問9:運動のしすぎでバストが減ったり、筋肉質にならないか心配です。

筋肉質にはなりません。
でも、激しい揺れで、バストが垂れることも。

これも結構多いです。
鍛えると、おっぱいの脂肪が筋肉に変わるのでは?

と思っている人がいます。

バストには、筋肉が存在しません。

運動をしすぎたからといって筋肉質になることもありません。

ただし、ランニングなど揺れの大きいスポーツをする場合は、垂れやバストが減るのを防ぐために、スポーツ用のブラジャーでしっかり支えることが必要です。

普通のブラジャーは、上下左右の動きには対応していません。

スポーツ時には、向かないので注意しましょう。

バストの疑問10:発生数が増加している乳がんって???

バストを挟んで検査するマンモグラフィを1年に1回受けましょう

エコーは、超音波による検査です。

胸にジェルを塗って上下左右、脇や首の近くまでくまなく超音波でチェックし、痛みもありません。

マンモグラフィは、乳房を機械でハサミ、薄く均等に広げてレントゲン検査wするというもので、早期の乳がん発見率も高いです。

生理前は、バストが貼り痛むこともあります。
マンモグラフィを受けるなら、生理後に受けましょう。

おすすめの記事