32歳鈴木さんがバストアップに励んだ奮闘記!ふっくらバストにチャレンジ

32歳、鈴本佳奈さん(仮名)が実践

鈴本佳奈さん

フルマラソンの経験あり。

美容情報などのアンテナも高い美容大好き。

美乳はもちろん、スラリと長い美脚がPRポイント。

30歳を過ぎてからバストの大きさよりも形が気になるように・・・

欲しいのは、高さを持つ「立体的なバスト」。

少しでも近づけるように、毎日ケアしています。

鈴本佳奈さんのバストの悩みと実践してきたこと

20代の頃は、大きさ、30代からは高さが大事

20代の頃は、やっぱり大きいバストに憧れたもの・・・。

ですが、30代の今は大きさよりもトップの位置を高くして形にこだわっていきたいです。

<今のバストの悩み>

1.バストトップの位置をもっと高くしたい
2.形が崩れるのは、絶対にイヤ!
キレイな形をキープしたい
3.忙しい毎日
ケアを続けるのが、正直大変!!

<私が実践したバストケアの方法>
1.バストエクササイズ
2.クリームでマッサージ
3.毎日豆乳に含まれるイソフラボンを摂取

1.美容本を熟読して、美容体操を毎日実践

バストアップのために

豊川月乃さんや、浅田好未さんの美容本が好きです。

本の中にあるバストエクササイズと眼筋体操をするのが、お風呂上がりの習慣です。

2.入念なマッサージで理想の形をメイク

形をキレイにするには、マッサージが一番。

クリームやローションを使って、二の腕やお腹のお肉を胸にかき集めるようなイメージで。

3.毎日の食生活でイソフラボンを摂取!

グリーンスムージーやお味噌汁もイソフラボンが入った豆乳で作っています。

飽きないように、アレンジを頑張る毎日。

そんな、鈴木さんが、実践した「ふっくらバスト」を作る5つのマッサージとは!?

アラフォーでも、バストが変わる!?ふっくらバストマッサージとは

日常生活で感じる

  • 緊張
  • ストレス
  • 血行不良

などは、筋肉を縮ませて、バストが垂れたりする要因です。

20代の頃って、若いから垂れている感覚も、垂れそうな感覚もないので、全く何もしません。

人間ってやっぱり、実際に目の前に危機が訪れてやっとやろう、と思うものです。

バストに変化が出てから、

「気づくのが遅かった」

といかに、後悔している人が多い事でしょうか。

あなたも含めて、みんな

「私は違う」

と心のどこかで思っているんですよ。

そんな人ほど、しっかりとバストアップマッサージを「今すぐ」するべきです。

諦めるには、まだ早いです。

年齢を重ねていても、しっかり効果を実感できて、簡単で短時間でできる。

場所は、選びません。

外側だけでなく、内側にもアプローチします。

美しくなるために、年齢なんて、関係ありません。

気づいた時から、今すぐ始める。

バストトップの高い、魅力的な女性へ!

ふっくらバストマッサージの3つのポイント

1.毎日空いた時間でOK!続けるだけで効果絶大

マッサージ内容をすべて通して行っても、実際3分程度の時間で終了します。

忙しい生活の中で、

  • テレビを見ながら
  • 寝る前に
  • お風呂の中で

いつでもどこでも場所を選ばず、気軽にできます。

一見、単純な内容に見えますが、質の高いエクササイズです。

効果は、抜群。

2.簡単な方法で毎日続けやすい

リンパを流すことがメインの動きです。

誰でも簡単にできる内容です。

無理して続けようとすると続かなくなります。

何も意識せずに続けていると、いつの間にか習慣化していきます。

習慣化できたら凄いですよ。

3.形が美しいバストが出来上がる

ただバストアップしたら、それがすごく美しいバストなの?

と言われると違います。

でも、単純に大きくなったら嬉しいですけどね!!

それは、わかっています。

それよりもトップの位置が高いのは当たり前、そして形を良くふっくらと。

全身を見た時に、バランスの美しいバストを目標にしましょう。

ふっくらバストアップマッサージ5つのステップ

ふっくらバストアップマッサージ

基本的には、この5つのステップです。
詳細のやり方は、もう少し下の方で解説します。

この5つのステップにざっと目を通してください。

ステップ1.流す

リンパ液の中に溜まっている老廃物を押し流していきます。
リンパ液が滞ると、免疫力の低下や、冷え、むくみの原因になりバスト周りの筋力も低下します。

ステップ2.ほぐす

バスト周囲に溜まっている疲労物質を流していきます。

できるだけやさしく流すことで凝り固まっているバスト周りをほぐし、ふっくらとしたバストを形成します。

ステップ3.たたく

助骨に刺激を与えて、骨をリラックスさせます。
筋膜と内臓の癒着を防ぎ、バストの変形予防に効果があります。

強い刺激は逆にストレスになります。

注意しましょう。

ステップ4.あつめる

余分な脂肪を寄せ集めてバストを作ります。

バストだけでなく、他パーツのボディメイクにもつながります。

ステップ5.作り上げる

背中の脂肪も前に送って、よりふっくらとしたバストを形成。

トップ位置の高さはもちろん、デコルテラインの見える服を着た際に見えるふっくらバストで「魅せバスト」が完成!

実際、1日3分程度でできる、バストアップマッサージを解説します。

わずか1日3分!?忙しいあなたでもできるバストアップマッサージ

二の腕マッサージ

方法1:身体の側面のリンパを屋がして、脂肪の流れを作ります

ーーーそけい部を流しますーーー
腰部のリンパを流し、体内の準備をします

・ウエストの少し下辺りを目安に、手は親指を身体の後ろ、他の4本を身体の前におきます。

そけい部の方向に流すように手を前後に動かします。

できるだけ、ゆっくり流すことを意識しましょう。

左右同様に、20回程度行います。

ーーー腰部のリンパを上部に流していきますーーー
谷間あたりに向けて流して

腸骨の上を目安にして、親指を後ろに、他の4本を前に手を置きます。

そのままバストの谷間あたりにかえてリンパを流していきます。

リンパを流すイメージを持ちながら、しっかりと入れ込んでいきます。

左右同様に20回程度繰り返します。

ーーー脂肪と骨の癒着を外していきますーーー
ふっくらバストに効果的

腕を上げて、もう片方の手でバストの少し下辺りをマッサージするようにほぐしていきます。

このとき、上げチエル方は手は軽く回すとより効果が期待できます。

方法2:バストの周囲をほぐして、疲労物質を流します

・バストサイドの疲労物質を流していきます。

バストサイドを、上から下に5回程度こするようにほぐします。

・バストの下方向の疲労物質を流します。

バストの下を外側から内側に5回程度、横方向にこすります。

・バストの内側の疲労物質を流します。

谷間の部分を下から上方向に5回程度こすります

・バストの上部の疲労物質を流します

最後にバストの上を内側から外側に5回程度こするようにします。

バストの周囲をこするようにすることで疲労物質を剥がして、リンパを流していきます。

これを3回ぐらい全部で行います。

方法3:骨にアプローチして助骨をほぐします

・助骨を軽く叩いていきます

軽く骨を叩くイメージです。

助骨下部からバスト上部までを軽く叩いて、緊張し固まりがちな助骨をほぐしていきます。

呼吸も変わります。

ちょうど心地よい刺激で叩きましょう。
強すぎると、赤くなりますし、痛いです。

左右、3,4回繰り返しましょう

方法4:バストを持ち上げます

・腰から余分な脂肪をお仕上げます

お腹まわりにあまった余分な脂肪をバストの方に寄せあげます。
上げてから、一度固定します。

右の脂肪から右胸に上げたあとは、右の脂肪から左胸に持ち上げましょう。

それが終わると、次は、反対側です。

左の脂肪から、左胸に持ち上げます。
その次は、左の脂肪を、右胸に持ち上げます。

方法5:背中の脂肪を前に送って、ふっくらキレイなバストが完成!

・後ろの脂肪をバストに移動

右手を、背中にまわして、脂肪を前の方に送ります。

手の付け根を使ってしっかりと固定して、右胸へ押し上げるようなイメージで持ち上げていきます。

次は、反対の左手を背中にまわします。

余分な脂肪を一度、前に送り、その後、左胸に押し上げるようなイメージで持ち上げます。

バストは押しつぶさないようにしましょう。

おすすめの記事