「自分の体とどう向き合っていくか」についての研究レポート(産後40代研究員:ヨシイケ)

妊娠・出産後のおすすめナイトブラ研究

こんにちは。ナイトブラ研究会の研究員のヨシイケです。

私は、現在40才で、出産後、卒乳後にバストの下垂に悩み、出産前のふくらんだバストを取り戻すべくインターネットで情報収集をしたり、ランジェリーショップで相談したりと研究をはじめ、実際にバストケアに取り組んできました。

今回の第10回目レポートは、「自分の体とどう向き合っていくか」についてお話します。(第9回目はこちら

自分の体を好きになる

若い頃は何もしなくても、ハリのあるお肌、少し太ってもすぐにもとに戻る体重、運動しなくてもそれなりに見られる体。

でも、妊娠、出産、授乳、育児を経て、加齢とともに、体はどんどん変わっていきます。お肌のハリはなくなり、少し気を抜くとすぐに体重が増え、もちろんバストもふくらみがなくなり、下垂してきて、何もしなければおばさん体形一直線・・・。

そんな自分の体を悲しい気持ちで眺め、「でも、仕方ないか、年齢も重ねたし・・・」と思っていました。

でも、自分の体形は自分で変えることができるんです!

「40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持たなくてはならない」という言葉があります。

第16代アメリカ合衆国大統領リンカーンの言葉です。初めて聞いたときは、なるほどと思いました。40歳を過ぎると、それまでの生き方、考え方が顔に現れる。

「それって顔だけではなく体もかも」と最近思うのです。

もう年だから・・・とあきらめて、体の線が出ないゆるっとした服ばかり着ることにするのも自分。おばさん体形は嫌だ!もっといろんな服を着たい!と運動をして体を引き締めるのも自分。

努力すれば、体は変わります。体が変わると、自分の体が好きになります。

以前は、「この垂れた胸がな・・・」「この腹がな・・・」と、「好き」などとは思えませんでした。

運動をして引き締まってくると、「あ、バストが上がってきた!」「おなか、ちょっと平たくなってきたんじゃない?!」と、前向きに捉えられ、自分の体を肯定し、「好き」になることができました。

自分の体を好きになると自信もついてくる!

運動をして、引き締まった体、上向きのバストになると、少しおしゃれがしたくなります。そして、少しおしゃれをした自分を鏡で見て、「お、いいじゃない?」と自分に自信がついてくるのです。

自信がつくと、笑顔でいることが増え、毎日の家事や育児もてきぱきこなせるようになり、気持ちも上向きに。

今までやりたくてもできなかったこと、私にはできそうもないと興味はあるのにやってこなかったことに、挑戦してみようかな、と思えてくるのです。

最初は「この体をどうにかせねば!」と思って始めた運動が、いつの間にか、体だけでなく、生き方まで好転させていくのです。

まとめ:バストアップは自分の人生をもアップさせる!

結果として、バストアップ、体形改善を目指して始めた運動が生き方をも上向きにする、ということが分かりました。

以上、40歳のナイトブラ研究員ヨシイケの「自分の体とどう向き合っていくか」のレポートでした。

次回は「今までのまとめ」についてレポートします。

》第11回:産後40歳代のナイトブラ研究員ヨシイケのナイトブラ研究レポート まとめ

タイトルとURLをコピーしました